April 30, 2018

One Control Tri Loopを購入したのですが……

またまたエフェクタネタです。One Control Tri Loopを購入しました。

先月、BJF Buffer Splitを購入したときは、クリーンの音色に歪みを足す形で、概ね直列にてボードを組み直す方針だったのですが、いざ組んでみたら、やっぱり、クリーン/歪みそれぞれの音を作り込んで切り替える従来方式が良い感じがして。

One Controlのバッファは良い感じだったので導入したいと思い、BJF Buffer内蔵で、従来のWhite Loopと同じ動作が可能なTri Loopを検討していたところ、ヤフオク! に出物があり、すかさず落札しました。

動作モードが色々あるのですが、その切り替えや、バッファのオン/オフをするのに、裏面や側面、内部に設置されたスイッチを切り替えるのではなく、フットスイッチで設定できるのは、実戦的と感じました。裏面や内部のスイッチで切り替える方式だと、ボードに組んでからアレコレ試すのは大変ですが、電源投入&フットスイッチ、もしくはフットスイッチ長押しで設定できるのは便利です。

しかし、ここで問題勃発。BJF Buffer Splitの第一印象で「素晴らしい!」と感じたバッファですが、Tri Loop到着時に動作確認した際は、なんというか、硬くて、薄い音に感じてしまって。

バッファオフで複数のペダルを繋いだときの音、確かになまっているとは思うのですが、その音色が、なんだか暖かみがあって心地良くて。

前回、くっきり瑞々しいと感じたのが、今回は、キンキンと刺々しい、という印象に。いやー、音作りって、難しいですね。

バッファ不要ならWhite Loopのほうがシンプルで視認性が高いので、どちらをボードに載せるか悩み中です。スタジオでJC120に繋いで、大きめの音量で鳴らしてみて判断しようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2018

One Control BJF Buffer Splitを購入

エフェクタネタが続きます。One Controlのバッファ内蔵1ループスイッチャー、BJF Buffer Splitを購入しました。

これまでのボードは、クリーン⇔歪みをフラッシュループスイッチャーで切り替える構成でしたが、クリーンの音色に歪みを足す形で良いと思うようになり、概ね直列にてボードを組み直すことに。

で、ペダルチェインが長くなるのでバッファを入れたいなー、ということで、近頃マイブームのOne Controlを。

前々から、TC Electronicのバッファ内蔵ポリフォニックチューナー、PolyTune3の導入を検討していたのですが、現在使っているチューナーの使い勝手に満足していること、歪みセクション(ゲインブースター、オーヴァードライヴ、ノイズゲート)を1スイッチで一括on/offしたかったことから、こちらの製品にしました。

取り急ぎ、構想している並びでペダルを繋ぎ、バッファon/offしたときの音の違いをヘッドフォンにて確認してみましたが……いやー効果テキメンですね!

全ペダルがTRUE BYPASSということもあってか、バッファoffだとハイが丸められたくぐもった音なのに対して、バッファonにすると、くっきり瑞々しい音に。

大満足。買って良かったです!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2018

One Control Prussian Blue Reverbを購入

エフェクタネタが続きます。One ControlPrussian Blue Reverbを購入しました。

Tiger Lily Tremoloの試奏体験により、One Controlペダルの好感度が大幅にアップ。トレモロよりも使用頻度が高くなることが確実な、リヴァーブを先に入手することにしました。

まだ、小音量およびヘッドフォンでのサウンドチェックしかしていませんが、主役の音に寄り添って引き立ててくれる、良ペダルだと思います。

ルーム/ホール/プレートなどの残響シミュレートではなく、「イイ感じの響き」を狙っているところが気に入りました。

DECAYを上げてLEVELを絞った音色が、クリーンでも歪みでも程よく馴染んでイイ感じ。期待通り、満足です。


余談。今回は試奏をせず、YouTubeや巷の評判を頼りにいきなり通販で購入したのですが、「店舗で試奏だけして、購入は最安の通販で」というのはしないようにしています。在庫を揃えて試奏環境を整えてくださっているお店への礼儀だと思いますし、応援もしたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2018

Valeton Wave Shakerトレモロを購入

Valetonの光学式トレモロ、Wave Shakerを中古で入手しました。

自然で、心地良いトレモロサウンドです。若干、ハイが丸くなるような気がします。

VOLUME / SPEED / DEPTH / BIASの4ノブ。

BIASを動かすと揺れ具合が変わります。SPEEDと併せて設定を追い込んでいく感じです。

なお、DEPTHを最大にしても、マシンガンサウンドにはなりません。

クリーントーン白玉コード弾きでの起用を想定しているので今のところ必要ないのですが、今後、マシンガンサウンドが必要になったら、One Control Tiger Lily Tremoloを購入しようと思います。

Tiger Lily Tremoloは、Wave Shakerと一緒に試奏し、いたく気に入ったのですが、中古の出物は一期一会なので、まずはWave Shakerをお迎えすることにしました。

TC ElectricのMiniシリーズとほぼ同じサイズの筐体に、細すぎないノブを配したデザインも、結構好みです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2018

SMALL-FIELD band 2nd LIVEを終えて


去る2018年2月17日(土)、SMALL-FIELD band 2nd LIVE、盛況裏のうちに閉幕しました。ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

今回は、KINAKO trio、通称「キナコ男組トリオ」とのツーマンにて開催しました。

1st LIVEを終えて、「次はどうしようかなー」と考えたときに、真っ先に思い浮かんだのが「キナコ男組トリオとの対バン」でした。

1st LIVEにドラムスで参加してくださった工藤緑矢さんが、本業のベースで参加しているトリオで、SMALL-FIELD band結成の、大きなきっかけとなったバンドです。MCでもお話ししましたが、改めて、ここでも触れておきたいと思います。

私の音楽活動、オリジナル曲の創作において、「尾崎豊」「浜田省吾」「佐野元春」(敬称略)の御三方に、とても影響を受けています。

彼らのバンドは、いずれも、ギター、ベース、ドラムスに加えて、ピアノ・キーボード、サックス(ホーンセクション)が入る大編成で、私の楽曲も、編曲のイメージには鍵盤やサックスが不可欠で。

しかし、大編成のバンドを組んで活動するのは相当に敷居が高くて、バンドでLIVEを演ろう、という気持ちには、なかなかなれずにいました。

そんな折、キナコ男組トリオのLIVEを観たのが、2016年11月。

ギターヴォーカル、ベース、ドラムス。ギターは、リフやソロは弾かず、アルペジオ、コードストロークのみ。

キナコちゃん(ファンの皆様、ちゃん付けで失礼します。これが一番しっくりくるので。)は、エレキギターでの弾き語りをメインに活動されていて、そのRockテイストは知っていたつもりでしたが、バンド編成によって、その魅力がさらに引き立っていました。

ギターがアルペジオorストロークなので、オブリガートは工藤緑矢さんのベースが担う形で、これがまた格好良くて。

松本淳さんのドラムスが、ズッシリとグルーヴを支えて。

いっぺんでファンになり、また、大いに刺激を受けました。そうか、これだけシンプルな編成でも、彩り豊かなRockサウンドが構築できるんだ!

12月にも別のかたのライヴで同様の刺激を受け、2017年の1月に、ギターのマサヤに「今年はバンドやるよ、リードギターよろしく」と連絡をして、SMALL-FIELD band が動き始めました。

そして、1st LIVEが終わってすぐ、キナコちゃんに対バンを打診したら快諾してくださって、でも諸々の調整に時間が掛かって、2月17日に開催、となったのです。

メジャーでCDをリリースしたり、新譜がカラオケ配信されていたりと、キャリア的には大々先輩なキナコちゃんですが、惣’s Barが小野のホームということで、先攻を買って出てくださって。

「OKOME LOVER」から、キナコちゃんの、KINAKO trioの、ショウが始まりました。

1年4ヵ月振りに聴く、KINAKO trio。シビれました。2曲目「名もなき花」、入力飽和して音割れ気味のヴォーカルが、またRockで。 格好良かった!

スローナンバー「おなべ」、そして、新曲「39」。

「39」はMCも騒然となりました。キナコちゃん、惣’s Barでは「カワイイー♪」という評で、皆、20代後半から30代前半と思っていたのではないかと思われ、39歳と聞いて「えぇー?!」と。可愛魔女(カワマジョ)ですよ。

「きみへ」では、松本淳さんがコーラスを。これがまた素敵でした。

「ひょっこりひょうたん島」での、ドラムス&ベースのソロ廻しも格好良かったなー。

そして、新譜「裸足の勇者」をバンドアレンジで! これも良かった。弾き語りのときはオケ音源を流して歌っていましたが、今回は音源無し、トリオでの演奏。いやー格好良かった。

最後は、「ひまわり」でしっとりと、力強く。

このKINAKO trioの世界を、惣’s Barで馴染みの方達に観ていただくことができて良かった!


そして後攻、SMALL-FIELD bandの出番です。

鉄板のオープングナンバー「好きにさせてくれよ」。直前のリハで、メリハリをつけるためにヒラウタではギターを弾かないことにしたのですが、良かったと思います。

続いて、オリジナル曲の中ではもっとも新しい「街の片隅で猫と暮らしてる」。この曲も、ヒラウタではほとんどギターを弾かず、イントロ、間奏、エンディングのリードギターを担当。キナコちゃん、ロクヤさんから「この曲が良かった」といってもらえて嬉しかったです。今回、ドラムスを“トミー”前田富博さんにお願いしたのですが、前田さんのドラムスによって、この曲が一皮剥けました。

アコースティックギターに持ち替えて「元気にしてるかい?」。マサヤのリードギターがイイ感じです。

エレキギターにて、昨年2月に急逝されたshuさんを偲んで「魂の歌が聞こえる」(Black ShuZカヴァー)。キナコちゃんはshuさんとも繋がりがあって、でもRock bandでの活動は知らなかったとのことで、聴いてもらえて良かったです。

再びアコースティックギターに持ち替えて、2009年2月に亡くなられた藤井章司さんに捧げる「Rest in Peace」。

SMALL-FIELD bandでブラッシュアップされた「街へ出てきなよ」。

そして、エレキギターにて今回のハイライト、「恋は賭け事(ギャンブル)」(浜田省吾カヴァー)。原曲は、間奏でピアノ&サックスの掛け合いがあり、とても格好良いのですが、それを、マサヤ&小野のツインギターで表現しよう、という挑戦です。本番に至るまでに紆余曲折ありましたが、全力で駆け抜けました。

最後は、小野なりのエヴァーグリーンとして大切にしている「Teen’s Heart」をアコースティックギターで。

アンコールをいただき、キナコちゃんを呼び込んで「COOKIE』(尾崎豊カヴァー)。ヒラウタは交互に歌って、サビは二人一緒に。キナコちゃんのハモり、気持ち良かったー!

とても充実したツーマンLIVEでした。


今回、いろいろと、挑戦というか、新しい試みに取り組みました。

そのひとつが、自分のマイクで歌うということ。

実は、1st LIVEのときにも持参はしていたのですが、リハで「音が割れる」ということで、本番ではカラオケ用のワイヤレスマイクを使用しました。

今回、キナコちゃんが自分のマイクで歌いたいということで、再チャレンジ。キナコちゃんがPAの設定サポートもしてくださって、キナコちゃんも私も、自分のマイクで歌うことができました。

少し割れ気味にはなりましたが、Rockテイストとして悪くなかったと思いますし、次回以降も、カラオケ用マイクではなく、自分のマイクで歌いたいと思っています。

エレキギターでは、前回よりもリードギターを増やして、「街の片隅で猫と暮らしてる」「恋は賭け事」の2曲で、歌いながら音色を切り替えるのが新たな試みでした。練習の甲斐あり、うまく対応することができたと思います。それぞれの音色も、だいぶ作り込みました。

アコースティックギターの音作りでは、前回の録音を聴き返したとき高音が強過ぎるように感じたため、今回は、プリアンプでかなり中低域を上げ、高音は下げてみました。今回の録音を聴き返してみて、もう少し高音を出しても良かった感じですが、前回よりも、バンドアンサンブルに馴染む音色にできたと思います。


改めて、当日お越しくださった皆様、KINAKO trioのキナコちゃん・ロクヤさん・淳さん、惣’s Barの由美子ママ・Jinさん・さなえさん、SMALL-FIELD bandのメンバー、ありがとうございました。

また演ります。今回お会いできなかった皆様にも、次回LIVEでお目にかかれたら嬉しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2018

2018年の過ごしかた

あけましておめでとうございます。SMALL-FIELDブログをご覧いただきありがとうございます。2018年が皆様にとって実り多き年になりますよう祈念致します。

昨年は「ギターをいっぱい弾くこと」「ギターヴォーカル、ウクレレヴォーカル、ギタリストとして、ライヴ、セッション、オープンマイクに参加すること」を目標に掲げました。これは、十二分に達成することができたと思います。バンドで初ライヴを敢行した他、惣's Bar15周年祈念パーティでもギターヴォーカルで1曲献上。セッションも、惣's Barに加えてBE bornという新たなホーム候補を見つけて、音楽活動がとても充実した一年となりました。

今年の目標は、「ライヴ出演の継続」「セッションへの積極参加」に加えて、「音源制作」を掲げておきます。経済面が課題でどこまで進められるかわかりませんが、CDおよび/または配信でお届けできる音源を制作することを意識の片隅に置いて、日々を過ごすようにします。

「ダイエット/シェイプアップ」も復活させようかな。精神的な負担・ストレスを減らすべく、体重・体型を気にせずに欲望の赴くまま飲み食いしてきましたが、ちょいと体が緩み過ぎました。運動不足が顕著なのでそこを改善すれば、2〜3kgはすぐに落とせると思っているのですが、はてさて。

といったところで、本年もどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 31, 2017

2017年を振り返って

大晦日、一年の振り返りです。

2017年は、なんといっても「バンドで初ライヴ(しかもワンマン)を企画し開催した年」です。ゼロをイチにできたのはとても大きかったと感じています。次のライヴも決まっていますし、来年も、無理のない範囲で精力的に活動していく所存です。

エフェクトペダル、エフェクトボード関連をあれこれ調達して、ギターの音作りについても成長できた一年でした。

YouTube「SMALL-FIELDチャンネル」を開設したのも2017年ですね。

仕事面では、詳細は伏せますが大きな転機がありました。

順風満帆とはいえませんが波瀾万丈というほどでもなく、淡々と、日々を積み重ねた一年でした。心穏やかに大晦日を迎えられていることに感謝です。

それでは皆様、良いお年をお迎えください!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2017

2017年よかった探し

年末恒例、「よかった探し」です。昨年同様、ネタ元・結城浩さんによる「よかった探しリース」は開催されなかったようなのですが、自主的に書き連ねてみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 31, 2017

SMALL-FIELD band 1st LIVEを終えて

初ライヴ終了から、一月半近くが過ぎてしまいました。遅くなりましたが、簡単に振り返っておきたいと思います。

改めて、2017年9月17日(日)、お足元の悪い中「SMALL-FIELD band 1st LIVE@六本木/乃木坂 惣’s Bar」にご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

オリジナル曲を創り始めた当初から、バンドでライヴを演りたいという気持ちはずっとあったのですが、FGCC Brass-top Teleを入手して、いよいよその想いが強くなっていました。

そんな中、発端は6月17日。下北沢Wasted Timeのプレオープンイベントで飲んでいるときに、「セッションだけじゃなくて、バンドでのライヴも演りたいんだよねー」と話をしたら、居合わせたMe-guさんが「演ればいいじゃん! 演ろうよ! イイ店知ってるよ!」と、その場で馴染みのお店に問合せしてくださったのです。

そちらはアコースティック寄りのお店ということで、バンドで演りたい小野の意向と折合いがつかずお流れになったのですが、リードギターおよびベースにはその日のうちに打診して了承を得ていたこともあり、7月に再度、Wassted Timeで飲みながら作戦会議。この時点ではまだ、ドラムスが決まっていませんでした。

「惣’s Barでできるなら、それがイイんじゃない?」「ドラムスは、ロクヤさんがイイんじゃない?」とアドバイスをいただき、それぞれに問合せしたところどちらも快諾いただいて、トントン拍子に決定。SMALL-FIELD名義での初ライヴが動き始めました。

それから、曲を決め、譜面、音源を用意して、8月24日にリズム隊との音合わせ。ベテランベーシストのアドバイスにより、コードを変えたり、歌やテーマのメロディを一部変更したりといったブラッシュアップ。ここで1曲、没になりました。

ブラッシュアップを反映した譜面を作成し、8月27日、リードギターも交えたバンドリハーサル。当初、リハーサルは1回の予定でしたが、本番まで日が空くということで9月10日にもリハーサルを行ない、バンドサウンドを煮詰めていきました。

音合わせ、リハーサルでは、私のギターストロークのリズムの悪さを、かなり矯正していただきました。

セッションでは「破綻せずに進行して、うまく着地すればめでたしめでたし」といった感じで、粗い演奏でも盛り上がります。それに甘えて、良くも悪くも「いい加減、適当」に弾いていたこと、歌詞を間違えないようにだとかギターのコード進行だとかに意識が向いていて、アンサンブルを意識することができていないということが、よく解りました。

これは、「ライヴを演る」と決めなければ気付くことができなかったと思うので、とても大きな糧となりました。

その他、ギグバッグやらストラップやらピックやら衣装やら諸々を買い揃えて、準備万端。

当日は台風の接近が心配されましたが、嵐というほどにはならず、おかげさまで大盛況となりました。「楽しかった」という感想をたくさん頂戴して、嬉しいです。

程よく緊張、程よくリラックスした状態で、歌詞を忘れたりすることもなく、のびのびと演ることができました。

バンドメンバー。ゲストコーナー&コーラスで参加してくださったMe-guさん。アンコールで素晴らしいギターを弾いてくださった丹波博幸さん。惣’s Bar由美子ママ & Jinさん。記録機材を快く貸してくださったTsuyoshi.Oさん。多くのお力添えをいただきました。ありがとうございました。

楽しかったです。遠くないうちに、また演ります。残念ながら今回はご都合がつかなかった皆様にも、次回、お目にかかれるのを楽しみにしています!


セットリスト:
1st.
M1. 好きにさせてくれよ
M2. 元気にしてるかい?
M3. 春夏秋冬(泉谷しげるカヴァー)
M4. 街へ出てきなよ
M5. Wasted Time
2nd.
M6. 魂の歌が聞こえる(Black ShuZカヴァー)
M7. Rest in Peace
ゲストコーナー:Holding You (Me-gu)
M8. アンジェリーナ(佐野元春カヴァー)
M9. 捲土重来
M10. Teen's Heart
en.
M11. 独りよがりのブルース

当日の様子をちょっとだけ。画質が粗いですが、雰囲気だけでも伝われば。

M1. 好きにさせてくれよ:

M2. 元気にしてるかい?:

M3. 春夏秋冬(泉谷しげるカヴァー):

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2017

フランジャー購入 & ペダルボード再構築

来る9月17日の初ライヴに向けて、ペダルを追加購入しボードを再構築しました。

購入したのは、DonnerのJet Convolutionというフランジャーです。とあるカヴァー曲でどうしてもフランジャーを使いたくて。

ペダルボードは、最初はもっとアレコレ載せていたのですが、相方のリードギタリストであるマサヤから「小野さんも足元シンプルにしましょうよ」と提案されたこともあって構成を吟味。今回のライヴでは「チューナー」「歪み」「フランジャー」「ブースター」があれば対応できるな、という結論に達して、必要最低限かつ必要十分な構成に絞り込みました。

M.I.J PedalsのE-Toneは手元のヴォリューム操作でクランチから深い歪みまで作れるので、歪みはこの1台に集約。

クリーントーンでのカッティングの曲があってコンプを載せていたのですが、選曲会議で没になったので外し、ギターソロ用に置いていたディレイも不要と判断。ノイズゲートも省きました。

有り合わせの材料で土台のボードを自作して小型化。ペタルが減って軽量化もされたので持ち運びにも有利になり、いいことずくめです。このボードにて、初ライヴに挑みます!

  • [ギター(FGCC Brass-top Tele)]→
  • [チューナー(Sonic Reseach ST-200)]→
  • [オーヴァードライヴ(M.I.J Pedals E-Tone)]→
  • [フランジャー(Donner Jet Convolution)]→
  • [ブースター(TC Electronic Spark Mini Booster)]→
  • [イコライザ(Donner Equalizer)]→
  • →[アンプ(会場のものを借用)]
  • [パワーサプライ(OTraki DC-10)]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«SMALL-FIELD band 1st LIVE 決定!