« 2021年の過ごしかた | Main | FGCC Brass-Top Teleリフレット&コントロール変更 »

February 20, 2021

b3 Guitars SL-K Gold Topエレキギター購入

新しい相棒をお迎えしました。
b3 SL-K Gold top #0020

これまで、FGCC Brass-Topテレキャスターをメインギターにしてきましたが、ある日、所有しているエレキギターをあらためて端から弾いてみたら、思いのほか、Aria Pro IIのセミアコが弾きやすくて。「自分には、ギブソンスケールのほうが合っている(弾きやすい)のでは?」という考えが降ってきたのです。

Aria Pro IIのセミアコは初めて買ったギターで、20年くらいその1本だけで練習したり曲作りしたりしてきたので、やっぱり、手に馴染んでいるんでしょうね。でも、メイン機にするには、心許ない部分がありました。

今、自分がメインギターに求める条件を考えてみたところ、「ハムバッカー2発で、2 Vol. / 2 Toneで、トグルスイッチが弦よりも下側に配置されたエレキギター」となり、インターネットでギブソンスケールのギターをあれこれ検索して、b3 SL-Kに辿り着きました。

ギブソンスケールで2 Vol. / 2 Tone、といえばレスポールですが、トグルスイッチの位置が苦手で、またネックのヘッド角度がきついのも不安があり、できればヘッド角はストレートに近いものが良いなぁ、と思っていました。SL-Kはこの点もクリアしており、仕様的には問題無し。

日本製で、Sadowsky TYOのチーフルシア菊地嘉幸さんが手掛けているというのも加点要素でした。

Webで情報収集して気持ちは固まりつつもボディカラーが決められず、気になる色が(ほぼ)揃っている店舗に突撃。トランスブルー、トランスレッド、ゴールドトップの順に試奏して、圧倒的にゴールドトップがしっくりきたので、連れて帰ることにしました。

トップのゴールドは、ギラギラ、ラメラメではなく細かい粒子で、カラシ色に近い、落ち着いた色味です。ボディバックおよびネックのマホガニーが、角度によってキラキラと美しく輝いて、綺麗です。
b3 SL-K Gold top Back

所有機では初の、ディッシュインレイです。以前は、ディッシュインレイ/ブロックインレイに少し苦手意識があったのですが、すんなり対応できました。元々、ルックス的にはディッシュインレイがゴージャスで好きなので、ようやくラインアップに加えることができて、嬉しく思います。
b3 SL-K Headstock and dish-Inlay

試奏時に「フレットがもう少し太いとなお良いかなー、まぁ、いざとなればリフレットすれば良いし」と考えていたのですが、どうやら弦が古かったのが原因だったようです。エリクサーに張り替えて、自宅で1時間ほど弾いたら、気にならなくなりました。

重量3.7kg、チェンバードボディではないと思いますが、生音も良く鳴ります。サスティーンも長くて、とても弾きやすいです。

バックコンターがあり、抱えたときの収まりも良いです。

ビグスビー必須と思っていましたが、無くても良いような気がしてきました。鳴りかたが変わると思いますし。無改造で取り付けられるキットが発売されているので試してみようと思っていたのですが、装着すると専用ハードケースに入らないのでは? と気付いたので、保留中。

あとは、ピックガードがあると、演奏性の面でもルックスのアクセントとしても良さそうな気がしているのですが、これはボディにネジ穴を開けることになるので、熟慮検討が必要です。当面はピックガード無しでいこうと思います。

Toneノブを引き上げるとコイルタップできる仕様で、でもこの仕様は演奏しながら切り替えるのが難しい、という思いがあり、6 wayスイッチへの改造を検討していたのですが、SL-Kはノブの下に適度な空間があって引き上げやすく、また「曲中でそんなに切り替えることないかなー」「6 wayよりも3 wayのほうが操作はシンプルだよなー」と思い至ったので、コントロールは無改造でいくことにします。ハムの音、コイルタップの音、どちらも、とても良いです。コイルタップ時にノイズが増えないのも、特筆すべき点です。

今後、このギターをメインに据えて活動していきます。これまでのメインギターにもとても思い入れがあり大きな決断でしたが、環境を変えることを恐れずに踏み出して良かった、間違いじゃなかった、と確信しています。


  • ボディ:Maple top / Mahogany back
  • ネック:Mahogany
  • ネックプロファイル:Standard C .830-.960
  • 指板:Pau Ferro (たぶん12" radius)
  • フレット:Jescar Fret(Dunlop #6105 type)
  • ヘッド突板:Ebony
  • ピックアップ:2 Humbucker Original Pickups, Alnico 5 magnets, 7.7k neck / 8.5k bridge
  • コントロール:2 Vol, 2 Tone (push/pull coil taps), 3-way toggle switch
  • ペグ:Gotoh SG301-20 Chrome Tuners
  • ブリッジ:Gotoh GE103B Nickel Bridge + GE101A Nickel Tailpiece
  • 付属ケース:Custom fit hardshell

|

« 2021年の過ごしかた | Main | FGCC Brass-Top Teleリフレット&コントロール変更 »

ギター」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2021年の過ごしかた | Main | FGCC Brass-Top Teleリフレット&コントロール変更 »