携帯・デジカメ

August 21, 2010

iPhone 4小物いろいろ

あっという間に手放せない存在となったiPhone 4の、小物関係をご紹介。

保護フィルム:

レイアウト社の、ギラツキ防止保護フィルムセット、アンチグレアタイプを貼っています。指紋が目立ちづらいということでアンチグレアにしましたが、iPhone 4の特長のひとつである高精細“Retinaディスプレイ”の真価は、光沢タイプでこそ発揮されるようです。傷んできたら、次は光沢タイプにするつもりです。

保護ケース:

まず、ASDEC社のクリアカバーを購入。本当は硬質なプラスティックで透明なタイプが好みなのですが、iPhone 4を入手した当時はビックカメラにもヨドバシカメラにもまだ置いてなかったので、軟質タイプからの選択となりました。

ASDEC社のものは、側面に段差がつけられており、握ったときに薄く感じるのが決め手となりました。エラストマ樹脂は衝撃吸収用途としてなじみがあったことや、半透明で背面のAppleロゴが透けて見えるのもポイントです。

しかし、gollaのベルトポーチを使いだしてしばらくしたら、ポーチの色が移ってしまいました。

Appleのケース無償提供プログラムで、incaseの硬質透明タイプがあったのでそちらを申し込み。今はそれを使っています。TPU製のケースに比べて、より薄く仕上がっており、iPhone 4のフラットなデザインがより際立ちます。

グリップ感はTPUタイプのほうが上で、硬質タイプはそれに比べると滑りやすいですが、手から滑り出て取り落とすほどではありません。あと、指紋や脂汚れはかなり目立ちます。


タッチペン:

文字入力の際にどうしても隣を押してしまい、特に、フリック入力で濁点を打とうとして入力モードが切り替わってしまうミスが多発して、かなりストレスを感じていたので、タッチペンを調達しました。iPhone 3G用の、保護フィルム+タッチペン+コネクタカバーの3点セットものです。想像していた以上にペン先が柔らかく、力を入れて押し付けないと反応しないので、「ササッと軽やかに入力」という感じにはなっていません。最近は出番が少なめです……。

ベルトポーチ:

タッチペンは、iPhone 4と常にセットにして持ち歩くようにしないと意味がないので、ベルトポーチを調達。golla BAGSのRILEY G732、色は紫(製品タグではbrownとなっています)。ASDECのTPUクリアカバーを装着した状態で、IPhone 4がピッタリ入る大きさです。フラップをあけるとポケットがあり、そちらにタッチペンを挿しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2010

iPhone 4購入しました

iPhone 4を購入しました。

予約開始初日に予約したのですが、発売日当日分の割り当ては得られず。7月1日にようやく入荷の連絡があったのものの当日は引き取りに行く時間がなく、昨日、引き取ってきました。

これまでiPhoneもiPodも触ったことがなく、初iPhoneです。新鮮です。楽しいです。 この週末は弄り倒す予定です。

ZERO3 [es]〜EM・ONE αのキーボードに慣れた身には、タッチパネル上のヴァーチャルキーボードにはストレスもありますが、フリック入力は慣れるとローマ字入力よりも速いという噂もあるので、練習中です。このエントリもiPhoneにてフリック入力で書いています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2009

EM・ONE α用クリアカバー購入

EM・ONE α購入後、数日持ち歩いてみて、純正のケースが使いづらく感じたので、ミヤビックスのクリアカバーを購入しました。

純正ケースは結構かさばるのと、面ファスナー(マジックテープ/ベルクロ)が開閉のたびにバリバリうるさいのとが気になり、かといってケースなしでバッグに放り込むのも不安だったので、液晶面を保護するクリアカバーを使ってみることにしました。

ポイントの関係でできればビックカメラで購入したかったのですが、iPhone全盛でEM・ONEのオプションは見当たらず……。ヨドバシカメラ・マルチメディアAkibaで購入しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2009

EM・ONE α購入

Em_one_alpha ここ数ヵ月、W-ZERO3[es]のタッチパネルが効かなくなっており、修理に出すか買い換えるか検討していました。周囲ではiPhoneが花盛りですが、私の選択基準は「QWERTYキーボード必須、できれば分離独立タイプのキートップで数字キーも欲しい」。となると、W-ZERO3か、W-ZERO3[es]か、EM・ONE αか、の三択になるわけですが、WILLCOMの次世代対応に疑問があり、この機会に、思い切ってEMOBILEに乗り換えることにしました。

ずっと、WILLCOMから、高速データサービス対応のPDA端末が出れば、と待っていたんですが、期待薄と判断しました。もし出たとしても、「数字キーもある分離独立タイプのキートップ」にはならないんじゃないか、という読みもあり、希望を満たす仕様のなかでもっとも新しいEM・ONE αという選択になりました。

EM・ONE発売時にも購入を真剣に検討したのですが、当時はWILLLCOMをiBookのモデムとしても使用していたこと、地方出張時に繋がらない懸念があることなどから、そのときは見送りました。

月日は流れて自分を取り巻く環境も変化し、今は都内でのパフォーマンスを重視して選択すべきと判断しました。

数日使ってみて、期待していたよりも地下鉄の駅が繋がらないということが判明したのですが、圏内であればW-ZERO3[es]とは比べ物にならない速さなのでトータルでのパフォーマンスはかなり向上しており、まずまず満足しています。今後のエリア拡充(地下鉄フォロー)に期待です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2005

エントリテストfrom J3003S

テキストだけならこっち(PHS)からでもエントリできることに気づいたので、こち らからもテスト。 J3003Sでは、文字化けのためブログの閲覧ができないので、ブログツールとして見て ませんでした。こっちはパケット定額プランだから、エントリし放題だというのに。 ところで、モブログだとエントリ(メール送信)時にカテゴリ設定できないんでしょ うか。後から編集するしかないのかな?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

エントリテストfrom V702NK

携帯の機種変更をして、3G使いになりました。 それに伴って、(半強制的に)無料通話が含まれる料金プランに変更になったので、これからは携帯からのモブログエントリもしてみようと思います。 というわけでテスト。えいっ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)