車・バイク

December 31, 2020

よかった探し/2020年を振り返って

大晦日もあと少しで終わるという瀬戸際ですが、「よかった探し」やっておきます。今年は、無事に大晦日を迎えられたことが、最大の「よかった」です。あとは、余禄みたいなモンです。


  • テレワークに対応した仕事環境の整備
    • 自宅に15.6インチ4Kモバイルモニタ導入
    • ソニー SBH90C 2wayイヤホン購入
    • エレコム MPA-ACXCL20NWF USB-A to Cケーブル購入
    • ロジクールM590MG Bluetooth & Unifyingサイレント・ワイヤレスマウス購入
    • RAVPower RP-PC112(ホワイト) 61W USB-C PD対応 急速充電器購入
    • Surface Pro用 USB-C to Surface Connect充電ケーブル購入(2本)
    • USB Type-C電流電圧チェッカー購入
  • 職場に、待望の新人が配属されました
  • 小物アレコレ
    • SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 2 Bluetoothイヤホン購入
    • SENNHEISER HD 380 Pro ヘッドホン イヤーパッド交換
    • JINS Flat Aireframeでリーディング・グラスを新調
    • デザインフィル ミドリカンパニー XSシリーズ 小型カッター、小型ハサミを購入
    • 仕事用の携帯電話が、フィーチャーフォンからAndroidスマートフォンになりました(シャープ SH-M12)
  • 髪型をツーブロックにした
    • マスクやリーディンググラスを脱着する回数が増えたので、耳周りをスッキリさせました
    • パナソニック ER-GC52 バリカン購入
  • カーライフ充実
    • タイムズカーシェア個人契約:仕事で使っていて便利だったので、個人でも契約しました
    • negroni FIORANO SAPPHIRE BLACK ダブルモンクストラップ ドライヴィング/ビジネスシューズ購入
    • Arjan Dio ARD-402QC シガーソケットインバータ購入
  • Bacchus WL4-ASH/RSM STB ベースギター購入
  • 音楽機材関係
    • Tidemark Sound Treaterグラフィカル・パラメトリカル・イコライザ(先行予約品)到着
    • TT 0365-05 テフロン ワッシャー購入(スタインバーガー のチューニング・キーがとても軽くなる定番品)
    • Mr. Black Eterna Gold Modified シマー・リヴァーブペダル購入
    • CME Xkey Air 37 Bluetoothキーボード購入
  • 音楽的な拡がり
    • SAZUKU GROUP:SAZUKUさんは、以前に何度かお世話になった池袋のセッションでホストをなさっていて、知り合ったのは随分前なのですが、録音された楽曲を聴いたことはなく。今年、1stアルバム「SONIC JOURNEY」、LIVEアルバム「SPACE JOURNEY」を購入しました。とても好みな楽曲、サウンドです。
    • ミウラメモリーズ:ストリートで、ギター/ベース/ドラムスの3ピースでインストゥルメンタルを演っていて、イイ感じだったのでCD2枚購入しました。
    • DEPAPEPE:三浦拓也さんは渋谷Wasted Timeでご縁があって存じ上げていたのですが、DEPAPEPEはちゃんと聴いたことがなく。在宅勤務期間にiTunesで、最新盤およびデビュー作を購入しました
    • 鈴木史門さん:こちらも渋谷Wasted Timeのご縁で前から存じ上げていましたが、ソロ・アルバム「One Day」を購入しました
    • Macoto Kikuchiさん:テルミンのインプロヴィゼーションは苦手なものもあるのですが、ミニ・アルバム「Daze of Quarantine」は、ギターの音色、フレーズがうまく橋渡ししてくれるようで、とても気に入りました。

といったところで、取り急ぎリストアップまで〜。

年頭に掲げた目標は「自作曲の音源制作を進めること」でしたが、進捗無しです。いつ、どのように取り組むか、状況を見ながら、慎重に柔軟に検討します。冒頭にも書きましたが、今年は、無事に大晦日を迎えられただけで御の字です。「よかった探し」ができる環境にあることに感謝します。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。
8b11da8b073a430f9bfa8134373643ca

Continue reading "よかった探し/2020年を振り返って"

| | Comments (0)

July 12, 2020

歩行者もウインカー見てますよ

歩行者がいる狭い路地のY字路で、ウインカーを出さずに進むドライバーの皆さんに、伝えたい。

歩行者も、ウインカー見てます。

「この車が自分のほうに来るなら、端に避けよう」と思って、見てるんです。

ウインカーは、後続車に進路を知らせるため、だけではないんです。

適切にウインカーを出すことのできるドライバーがひとりでも増えることを願って、この記事を書きました。

(noteの投稿を移設。公開日はnoteに投稿した日時です。)

Continue reading "歩行者もウインカー見てますよ"

| | Comments (0)

June 24, 2020

negroni FIORANO

negroniのダブルモンクストラップ、“FIORANO”が公式通販で在庫有りになったので、すかさず、試着もせずに購入しました。

ソールも木型も同じとのことだったので、愛用しているスニーカー“IDEA”と同じサイズにしたのですが、紐で調節できない分、新品の時点では、ややタイトな感触です。

ビジネスシューズはゆったり目に履いているのですが、ドライヴィングシューズはタイト目のほうが良いので、ジャストサイズと思います。革が柔らかいので、当たって痛いようなこともありません。

本日、実戦投入しました。期待通りの運転しやすさ、歩きやすさです。

2本のストラップのうち、上のほうはワンタッチで取り外しができるようになっています。歩くときは外し、運転のときは留める、という想定のようですが、「留めたまま歩く」「外したまま運転する」どちらも問題ありませんでした。

デザインは、履き口やストラップのコバが切りっぱなしのようなラフな質感ということもあって、公式通販サイトの写真よりもカジュアル寄りに感じたのですが、チノパンでノーネクタイのビジネスカジュアルスタイルにおいては、ビジネス寄りに働くという印象です。

インソールや甲革の裏がカーボン調になっているのも格好良くて気に入っています。

仕事で運転する予定の日のみ着用する予定ですが、運転する予定を入れたくなりますね。

(noteの投稿を移設。公開日はnoteに投稿した日時です。)

Continue reading "negroni FIORANO"

| | Comments (0)

June 16, 2020

クルマを運転するときは、速度制限を(極力)守る

「極力」という注釈を入れざるを得ないのが、自分の弱さであり、誠実さでもあります。

1999年。当時はクルマ通勤していて、いつもの通勤路で、原付との衝突事故を起こし、馴染みの車屋さんに預けて。代車での帰り道に、速度超過で切符を切られて。

以来、私の基本方針は「法定速度/指定速度で走る」です。

実際には、メーター誤差を考慮し法定速度/指定速度よりは少し速めで走っているのですが、「十の位が変わらない速度」というラインを、かなり厳格に守っています。

世間には、「法定速度/指定速度を守るのは交通の邪魔、流れに乗るべき」という価値観の人も、相当数、居るようですが。

そんな、あなたたちに、訊きたい。

「少なくとも1ヵ月、一般道も高速道路もすべて、法定速度/指定速度を守って、走ったことがありますか?」

私は、毎日の通勤で利用していた「勝手知ったるいつもの道」で事故を起こしてしまいました。そして、その後に遵法運転をする中で、これまでの自分が、どれだけ危険ポイントを見逃して/見過ごしていたのか、を痛感しました。

あなたが事故を起こしていないのは、たまたま運に恵まれているだけです。

免許取得からの年数も、走行距離も、関係ありません。

法定速度/指定速度を大幅に超えて運転している人は、ルールを守っていないのではなく、「守る技量のない、未熟な運転者」とみなします。

先週・今週と、立て続けに高速道路を走って、意を強くしました。(法定速度の100km/hから)80km/h制限に変わったときに、合わせられない運転者が多過ぎです。

法定速度よりも速度を制限するのは、それ相応の理由があります。未熟な私でも、すべてのポイントで、速度制限の理由を推測できました。

上級ドライバーの皆さん。是非、模範となる運転をしてください。スピードを出して車を操る技量は、サーキットで発揮してください。

よろしくお願いします。

(noteの投稿を移設。公開日はnoteに投稿した日時です。)

Continue reading "クルマを運転するときは、速度制限を(極力)守る"

| | Comments (0)

December 31, 2019

よかった探し/2019年を振り返って

今年も、あっという間に大晦日。2019年、特筆すべき大事なネタがいくつかあり、そちらをエントリしてから振り返る形にしたかったのですが、まぁとにかく「よかった探し」から。



といったところで、2019年は「レコーディングした年!」です!!

年頭に掲げた目標の振り返りとしては……「セッションへの積極参加」は、惣's Barセッションの皆勤賞を逃してしまいましたが、「音源制作」が大きな形で結実したので、音楽活動は非常に充実していました。

「ダイエット/シェイプアップ」は進捗無し! 来年、無理のない範囲で取り組みたいと思います〜

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

 

Continue reading "よかった探し/2019年を振り返って"

| | Comments (0)

March 18, 2017

革ツナギ売却

もう先月の話ですが、オートバイ用の革ツナギがヤフオク! で売れました。

25年くらい前に新品で購入し、ツーリングで数回着用したものの、その後は革ジャン&革パンに移行したため着ることが無くなり、さらにオートバイ自体に乗らなくなったため、長らく、実家のクローゼットに仕舞い込まれていました。

ヤフオク! にあれこれ出品していたときに、気が向いてバイク関連もちょっと検索してみたところ、思いのほか高値で革ツナギが取引されていることを知り、正月に帰省した際に持ち帰りました。

如何せん古いものですし、膝下を中心に腰下にはだいぶシミもあるので買い手が付くか半信半疑でしたが、オークション開始価格を相場よりもだいぶ安めに設定してじっくり粘ったところ、何度目かの再出品で買い手が付きました。

捨てるとなれば有料の粗大ゴミになるものが、幾らかの機材資金になったので良かったです。当初の予定ではタリア・カポ購入資金に充てるはずが、いろいろ考えているうちにHOTONE Kompに化けました

Continue reading "革ツナギ売却"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2012

レーコ号を手放しました

先日、“レーコ号”こと、GSX1100SR KATANAを手放しました。

2度目の車検切れからおよそ9年。いつかまた乗りたいという未練が断ち切れず、ナンバーにも思い入れがあったので廃車にもせずに、車検切れのままずっと実家の車庫に眠らせていました。

ベース購入をきっかけに、自分自身の時間の使いかた、日々の過ごしかたについて改めて考えたとき、バイクに乗り維持管理することよりも、楽器演奏能力のレベルアップに注力したい自分が居り、そんな自分を素直に受け止めることができたので、ようやく踏ん切りをつけることができました。

KATANAのスペシャリストで、レーコ号を購入したお店でもあるユニコーンジャパン(旧 神戸ユニコーン)に電話して、出張買取をお願いしました。

当日は晴天に恵まれ、絶好の撮影日和。お別れの前に、iPhoneで写真をいっぱい撮りました。やっぱり、KATANAは格好良いバイクです。陽光に煌くシルバーのタンク&カウリング。凝ったデザインのチョークレバー。純正の大きなウィンカーも自分は好きです。サブフレームを兼ねたエンジンガードも、我ながら良い選択だったと思います。

査定には、代表の池田さんが来てくださりました。すごく久し振りにお話しできて良かったです。

走行距離は9465kmですが、ガソリンを抜かずに何年も放置していたため状態はかなり厳しいとのこと。でも、池田さんは「なんとかしますよ」といってくださりました。今は、その言葉に希望を託して、次のオーナーに沢山乗ってもらえることを祈るのみです。

朝の写真撮影のときから、寂しくも穏やかな気持ちでレーコ号との別れと向き合っていたのですが、レーコ号を載せたユニコーンジャパンの車を見送ってしばらくしたら突然こみ上げてきて、その後の数日は思い出しては感傷的になっていました。この気持ちを忘れずに、今まで以上に真剣に音楽に取り組んでいこうと思っています。

レーコ号、今まで本当にありがとう。

Continue reading "レーコ号を手放しました"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2008

別れの決断

愛車プジョー106を手放すことにしました。

今のライフスタイルに自前の車が必要ないことは、ずいぶん前からわかっていたように思います。でも、あまりにも気に入っているものだから、その事実と真剣に向き合うのを、これまで避けてきました。

6月に生活の変化があるので、この機会にと、思い切って決断しました。

2000年6月の購入から7年と10ヵ月。自分が、左ハンドルの外国車のオーナーだったというのは、今にしてみると、何だか信じられない、夢の中の出来事のようです。

ここ数年は、月に一度乗れればよいほうで、年間で数百kmしか乗ってやることができず、かわいそうなことをしました。預けてある実家に戻るたび、実家の車にバッテリをつないでセルを回すような状況でした。

手放すのはとてもつらく名残惜しさはつきませんが、この決断は、僕にとっても、106にとっても、プラスになると信じています。この決断が正しかったといえるよう、これからの僕の人生を、106が居たころよりもさらに有意義なものにしていかなければならないと思っています。

写真は、最後のドライブとして選んだ房総フラワーラインにて。天気に恵まれて、快適なドライブを楽しむことができました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)