ウクレレ

January 01, 2018

2018年の過ごしかた

あけましておめでとうございます。SMALL-FIELDブログをご覧いただきありがとうございます。2018年が皆様にとって実り多き年になりますよう祈念致します。

昨年は「ギターをいっぱい弾くこと」「ギターヴォーカル、ウクレレヴォーカル、ギタリストとして、ライヴ、セッション、オープンマイクに参加すること」を目標に掲げました。これは、十二分に達成することができたと思います。バンドで初ライヴを敢行した他、惣's Bar15周年祈念パーティでもギターヴォーカルで1曲献上。セッションも、惣's Barに加えてBE bornという新たなホーム候補を見つけて、音楽活動がとても充実した一年となりました。

今年の目標は、「ライヴ出演の継続」「セッションへの積極参加」に加えて、「音源制作」を掲げておきます。経済面が課題でどこまで進められるかわかりませんが、CDおよび/または配信でお届けできる音源を制作することを意識の片隅に置いて、日々を過ごすようにします。

「ダイエット/シェイプアップ」も復活させようかな。精神的な負担・ストレスを減らすべく、体重・体型を気にせずに欲望の赴くまま飲み食いしてきましたが、ちょいと体が緩み過ぎました。運動不足が顕著なのでそこを改善すれば、2〜3kgはすぐに落とせると思っているのですが、はてさて。

といったところで、本年もどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2017

2017年の過ごしかた

あけましておめでとうございます。SMALL-FIELDブログをご覧いただきありがとうございます。 2017年が皆様にとって幸多き年になりますよう祈念致します。

昨年は「このブログに毎月投稿すること」「ゆるりとダイエット」「部屋の片付け」の3つが、今年の目標かなぁ。と書きましたが、体調を崩したりしたこともあり、結果は0勝3敗でした。

今年の目標は、「ギターをいっぱい弾くこと」「ギターヴォーカル、ウクレレヴォーカル、ギタリストとして、ライヴ、セッション、オープンマイクに参加すること」です。

特に、ギターヴォーカルは頑張りたいと思っています。昨年の暮れに観たライヴ2本(キナコ男組トリオ、竹内藍トリオ)にて、「ギターヴォーカル、ベース、ドラムスの3ピースは、楽曲・アレンジ次第で、ギターソロを弾かなくても成立する」ということをまざまざと見せつけられて、大いに刺激を受けています。

今は、新しいギターやらアンプやらエフェクタやらを手に入れて、ギターを弾くのが本当に楽しいです。これを自宅やリハーサルスタジオだけで終わらせずに、観衆の前でパフォーマンスすることがレベルアップの近道だと思うので、日々のアレコレと折り合いをつけつつ、積極的に取り組んでいきたいと思います。

もうひとつ、昨年のうちに考えていたこととして「YouTubeに動画を投稿する」というのもあったのですが、これは元日に実行済みです(SMALL-FIELDチャンネル)。スタジオ練習やオープンマイクの様子など、どんどん投稿していければと思っています。

一度きりの人生、後戻りはできない。今年は、音楽活動に的を絞っていく所存です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 24, 2016

機材整理:Keliiソプラノウクレレ売却

Kelii 出会いがあれば、別れもある。Keliiソプラノウクレレを売却しました。

初めて買ったウクレレで、音も外見もとても気に入っているのですが、弾きながら歌おうとしたときに、ギター弾きでもある自分には、ソプラノサイズではどうしても指板が狭くて。今年の初めにGodinのテナーウクレレを入手して以降、ほとんど弾かなくなっていたため、思い切って、機材整理することにしました。

オークションを通じて買い手が見つかり、先日、次のオーナーの元へと旅立ってゆきました。弾かれることが、楽器にとって一番のメンテナンスだと思っているので、次のオーナーが見つかって良かったです。

キラキラと光るハワイアンコア、本当に素敵でした。2014年4月から2年と8ヵ月。僕に、ウクレレの楽しさ、魅力、基準をもたらしてくれてありがとう。元気でね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2016

機材拡充その2:ZOOM G3

オークション調達機材、2つ目は、ZOOMのマルチエフェクタG3です。コイツ、想像していた以上に強力なパートナーになりそうです。

G3の存在は、キーボーディスト/コンポーザーの“きちょう”こと片桐久尚氏に教えていただきました。さらに、新進気鋭のギタリスト外園一馬氏が、ボードに組み込んでライヴで使用しているのを何度か観て、「いずれ入手すべき機材」として意識していました。

それまでの所持エフェクタは、オーヴァードライヴ、ディストーション、ブースター、ディレイ、アコースティックシミュレータ、イコライザ。次に狙うのはコーラスやリヴァーブといった空間系と決まっていました。

この他に、昔むかーしに買ったKORGのA5というマルチエフェクタも持っていて、これの空間系はなかなかイケているのですが、自分は、マルチよりもシンプルで直感的に音作りができるコンパクトペダルエフェクタのほうが性に合っているようで、「A5を活用する」という考えは浮かびませんでした。

G3は、コンパクトベダルを模したフットスイッチ&3ノブが3つ連なっているデザインで、マルチでありながらコンパクトペダルのように扱えそうなところが魅力的でした。また、バッキング/ソロそれぞれのパッチを作り込んでおいて、フットスイッチで瞬時にパッチを切り替えられるであろうことも加点ポイントでした。

新品での市場実勢価格は1万4千円くらいで、これでも充分安いと思いますが、一度、イケベ楽器のバーゲンに5千円で出たことがあり、これは買い逃したのですが、片桐きちょうから「オークションなら8千円くらいで入手できる」との情報もいただいており、コンパクトペダル1台分の出資で色々なエフェクタが入手できるというのは、かなりお買い得だと感じました。

Marshallアンプ出品のために数年振りにヤフオク!に参加した流れでG3もチェックしたところ、かなりの数が出品されており、何度かトライした結果、送料込み8千円以下で落札することができました。

2時間くらいかけて、全エフェクトをざっとチェック。「後段の空間系」のつもりで入手しましたが、アンプシミュレーションの歪みもイイ感じで、これ1台で完結できる曲も結構ありそうです。イイ音で鳴らしていると練習にも熱が入ります。良い買い物をしました。今後、ギタリストとしてもギターヴォーカルとしても、G3を中心に据えて音作りをしていくことになりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2016

機材拡充その1:YAMAHA THR10

久し振りのブログ投稿となってしまいました。このところ、オークションで立て続けに機材を調達したので、順番にログを残しておこうと思います。まずは、YAMAHAのモデリングアンプ、THR10です。

このアンプは発売当初から気になっていて、特に、ウクレレを弾くようになってからは、いずれ入手したいと考えていました。私は、ギター、ウクレレの他にベースもちょこっと弾くので、アコースティックアンプおよびベースアンプのモデリングが入っているこのアンプは、一石三鳥なのです。

新品での市場実勢価格は3万円くらいですが、楽器店のバーゲンに中古が2万円弱で出ることがあるので、2万円以下で購入できる機会を伺っていたところ、ヤフオク!で縁があり、予算以下で落札することができました。

この個体を競り落とす前に、(同様にベースアンプ/アコースティックアンプのモデリングが入っている)姉妹機種のTHR10Cにも入札していたのですが、そちらは落札できず。しかし、ルックスはTHR10のアイボリーのほうが好みですし、THR10Cにはハイゲインアンプのモデリングが含まれていないようなのですが、THR10の「BRIT HI」はエフェクタを通さなくてもグッとくるマーシャル的な音色で、ギター直結でも練習が捗るので、結果オーライとなりました。

あと、AUXにiPhoneを繋いで鳴らしてみたところ、筐体サイズを超えたステレオ感があり、期待以上の良い音でした。オーディオアンプとしても活用することになりそうです。良い買い物をしました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2016

Godin MultiUke購入

バーゲンの魔力! もう1ヵ月近く前になりますが、Godin(ゴダン)のMultiUke(マルチユーク)を購入しました。

MultiUkeは、テナーサイズのエレクトリックウクレレです。エレクトリックといっても、ダブルチェンバーボディ構造で、生音もかなりしっかり鳴ります。Keliiソプラノと比べると、かなりネックに厚みがあり、押さえ易いです。

1本目のKeliiウクレレはアコースティックウクレレで、磁石で固定する貼付ピエゾピックアップでライン出力できるようにしたのですが、ライブ・セッションでは、やはり、最初からピックアップがインストールされているモデルのほうが扱いやすいように感じており、2本目として、エレクトリックウクレレの情報収集・検討をしていました。

もっともウクレレらしい音色はソプラノですが、左手の押弦のし易さはテナーサイズ。自分の場合、ハワイアンを演奏することはほとんどなく、もっぱらセッションやオープンマイクで使いたいので、「歌いながら弾き易いこと」を優先したコンサートまたはテナーを、1本は持っておきたいと思っていました。

Godinはデザインが好みで、ナイロン弦エレクトリックギターのノウハウが詰まっているところも魅力的なのですが、価格面で、検討の優先順位を下げていました。

そんな中、イケベ楽器の新年バーゲン最終日にMultiUkeが! しかも、Ovationを購入したブラウンギターズから!

今年のイケベ新春バーゲンのターゲットはYAMAHAのミニアンプTHR10だったのですが、熟慮の上、直前で方針変更してMultiUkeを先に狙うことに。8時から並んで、1番に入店。実際に弾いてみて、充分にウクレレサウンドであることを確認し、購入しました。

ヘッドが白濁しているということで、かなり安くなっているのですが、ちょっと検索した感じでは、Godinのヘッドは白濁しやすいようなので、Godinを入手するなら織り込んでおくべき(気にすべきでない)事項と思います。通常価格ではなかなか手が出せなかったので、60%オフで入手できて嬉しいです。

お店で中古の弦楽器を買うのは、実は初めてなのですが、ブラウンギターズの峯田店長にはOvation購入でお世話になっており、アフターフォローも安心です。

THR10のバーゲン品は売切れで入手できませんでしたが、二兎を追って、一兎は得られたので、満足です。寒空の下、並んだ甲斐がありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 23, 2014

2014年よかった探し

←左手よかった探しリース右手→

年末恒例、結城浩さんの「よかった探しリース」に参加します。余裕を持って書き始めたはずなのに、今年もギリギリになってしまいました。


楽器増殖

4月にウクレレを購入。まだまだ未熟ですが、弾いていて楽しいです。

6月には、旧友のテレキャスターシンラインを譲り受けました。部品欠損で何年も眠っていたのですが、M.I.Jにメンテナンスしてもらってバッチリ復活。

数年の懸案事項だった鍵盤も、縁あってJUNO-Diを入手することができました。


音楽機材を拡充

ORANGEのミニアンプ、CR3 Micro Crushを購入。メンテナンスの完了したテレキャスターをカラオケBOXに持ち込んで、旧友らにお披露目する際に活躍してくれました。

ウクレレ用に、コンタクトピックアップ(MSP:マグネットサンドイッチドピックアップ)を購入。クリップチューナーも追加購入しました。

以前から漠然と検討していたヴォリュームペダルも、プロユースの逸品を格安で入手することができました。


減音ブース設置

ここ数年の目標としていた部屋の模様替え、ついに着手しました。ロフトベッドフレームを利用して減音ブースを設置。「防音」ではありませんが、外に漏れる音をかなり減らすことができたと思います。


音楽的な広がり

2014年のライブ通いは少し抑えめでしたが、新しい出会いがいろいろありました。

久し振りの佐藤正治さんは、新澤健一郎さんとの共演! 鬼怒無月さん、佐藤研二さんとの4ピース、鮮烈でした!

Wasted Timeで新澤さんを観られたのも嬉しかったです。TAK斉藤さん、岡本郭男さんの強力リズム隊を初体験。

Shiro、UN-JAMI、仲街よみさんのレコ発ライブに参加できました。ASAMIさん、ハーベスト・ガーデン(藤原聡子さん)も今年ですね。ASAMIさんのライブでは、“ケイティ”日高恵一さんも。

以前から気になっていた永井敏己さんのTOSHIMI SESSIONにも、ようやく足を運ぶことができました。弦一徹さん、河野敬三さん。

Tsuyoshi.Oさん & セキタヒロシさんのダブルネームセッションで、梶原健生さん、太田明さん、ゆきゆっきさん。

Wasted Timeセッションでお世話になっているベーシスト・工藤緑矢さんのバンドLOUDOGSのライブでは、西本明さんがサポートキーボードでした。LOUDOGS、格好良かった! 対バンのWaSaBi! 、西里功さんも魅力たっぷりでした。

ライブの他にも、川崎哲平さん、増崎孝司さんのイベントに足を運びました。どちらも濃密で楽しく、タメになるイベントでした。


惣’s Bar以外のセッション

昨年に引き続き、西荻窪「w.jaz」、渋谷「Wasted Time」のセッションに参加しました。特に、Wasted Timeはセッションだけでなくバータイムにも顔を出すようになり、すっかり「第二のホーム」に。渋谷センター街に行きつけのお店ができるなんて!


田村ゆかりさんのイベント、ライブに参加

2014年は、「*Fruits Fruits ♡ Cherry*」ツアー初日・二日目のさいたまスーパーアリーナおよびファイナルの武道館2days、10月のファンクラブイベントに参加することができました。たまアリ2日目には、特効テープを初Get。武道館初日後には、Twitterで知り合った“桃色男爵推し”の王国民と初めて飲みにいき、終演後も楽しい時間を過ごすことができました。

2015年もライブ開催が決定しているので、チケット入手できますように!


革靴を2足新調

昨年に引き続き、革靴を新調しました。1足はゴアテックスで、雨天の出勤・外出が苦にならなくなりました。


革製品を拡充

2014年は、仕事用のバッグ、パスケースを新調しました。


ScanSnap iX500を購入(2014/12/31追記)

書き忘れていました。長年検討していたScanSnapを購入しました。まだ、設置場所も含めて運用が定まっていないのでちょっとしか使っていませんが、紙類を減らすのにこれからバリバリ活用していきます。


折り畳み傘を補充

昨年購入した3本のうち1本がかなりヘタってきたので、1本補充しました。


定職を失わなかった

ミッションに対する達成度(実績、アウトプット)が全然足りていないという大きな課題を抱えていますが、定職を失わずに1年過ごすことができました。来年、恩返しせねば。


夫婦とも健康に過ごせた

今年も、入院するような大きな病気・怪我とは無縁で過ごすことができました。


今年も「よかった探しリース」に参加できた

去年も書きましたが、年の瀬に、良かったことを振り返る時間を持てるというのは、恵まれていると思います。毎年、きっかけを与えてくださる結城浩さんに感謝します。

←左手よかった探しリース右手→

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2014

Keliiソプラノウクレレを購入

ウクレレを買いました。楽しい!

もう先月の話になりますが、機会があり本場のウクレレ専門店で無料レッスンを受けたところ、すっかりウクレレの虜に。現地では自重したのですが、帰国後、楽器屋さんを巡って、しっくりくる1本に巡り会いました。

レッスンで弾かせていただいたのはソプラノサイズだったのですが、ギター/ベースに慣れた身にはフレット間隔が狭くて難しく感じたため、最初は、テナーサイズで検討していました。

しかし、あれこれ試奏させていただくうちに、考えが変わりました。テナーは、フレット間隔がギターに近いぶん、音にもギターっぽさがあるように感じられ、せっかくウクレレを弾くなら、よりウクレレらしい音の、ソプラノサイズが良いように思ったのです。

いろいろと弾き比べてみると、同じコア材のソプラノサイズでも、音色や弾き心地はさまざま。Keliiは、爪でしっかりストロークしたときの音、親指の腹で優しく弾いたときの音のどちらも心地良いこと、7〜10フレットあたりの単音のサステインが良好なこと、そして何より、抱えた感じがしっくりくることが決め手となりました。

購入すればセッションに持ち込みたい性分なので、ピックアップ内蔵タイプを、と思っていたのですが、ピックアップは後付けもできるので、生音重視で選びました。

2〜3万円くらいのエントリーモデルから入るつもりだったので予算はだいぶオーバーしていましたが、最初の1本が自分にとっての「ウクレレの音」の基準になるということもあり、思い切って連れて帰ることにしました。

ハワイ製、ハワイアンコア単板、ソプラノサイズで12フレットジョイントの16フレット仕様で、ナット&サドルはローズウッド。ギアペグでチューニングしやすいのも助かります。

バインディングやパーフリング、ロゼッタなどの装飾のないシンプルな出で立ちですが、光の当たる角度によって金色〜赤銅色に表情を変えてキラキラと煌めくコアの輝きが素晴らしくて、眺めているだけでも幸せな気持ちになります。

そして、手に取って爪弾けば、循環コードをジャカジャカ鳴らすだけでも楽しくて、いつまでも弾いていたくなります。

良い楽器に巡り会うことができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)