ゴルフ

August 17, 2015

ゴルフクラブセットを購入

TwitterやFacebookでは触れていますが、こちらでも改めて。

ゴルフを、左打ちでやり直すことにしました。

2年前、会社の上司や取引先のキーパーソンに熱烈に勧められてゴルフを始めることにした際、色々考えた末に、「左利きなれど右打ち」という選択をしました。

右打ちなら上司からクラブのフルセットを譲っていただけること。練習場でも左打ちは不便なこと。クラブの選択肢もタマ数が全然違うこと。これらのことから、どうせゼロからスタートするなら右打ちでやってみよう、と考えたのです。ギターやベースも、右利き用のものを使っていますし、慣れだろうと。

しかし、いざ始めてみると違和感は拭えず、初ラウンドで左手を痛めたこともあって、しばらく前から思い悩んでいました。練習からも、だいぶ遠ざかっていました。

今夏、同僚がゴルフを始めることになり、上司から譲り受けた右利き用のセットを同僚に譲ることになったので、この機会に思い切って、左打ちでリスタートすることにしました。

必然的に、クラブをイチから揃えなければならないわけで、「まずは中古のアイアンセットを買って、他はおいおい揃えればいいかな」と考えたのですが、ドライバーやらパターやらウェッジやらキャディバッグやらを買い足していくと、結構な出費だなー、と。

入門用の安価なセットならキャディバッグ込みで3〜4万円のものがあり、「まずはこれで始めればいいかなー」とも考えたのですが、ブランド好きな自分自身を顧みて、無名の入門用セットでは絶対に納まらないなー、と。

夏休みを利用して都内のゴルフショップを何件か回ってみて、レフティの中古の選択肢の少なさを改めて実感。一方で、キャディバッグは軽量でデザイン性の高いものがいくつかあって、入門用セットに対する気持ちがかなり醒めました。

御徒町のコトブキゴルフ・バーディ館に、型落ちのアイアンセットのセール品で良さそうなものがあり、意を決して店員さんに経緯を説明・相談。納得のいく気持ち良い対応をしていただけたので、これも縁だと思い、テーラーメイドのSLDRシリーズで一式揃えることにしました。

パターも、ブランド統一にこだわった訳ではないのですが、手頃な価格帯でマレット型を検討した結果、テーラーメイドのGHOST TOUR BLACK MONTE CARLOになりました。

キャディバッグは、「クラブがテーラーメイドになったらこれにしよう!」と決めていたモデルがあり、即決。3.0kgと軽量で、白青に挿し色の赤というデザインが自分の好みのど真ん中。これが2万円というのは、自分にとっては、とてもお買い得で満足感が高いです。コース再デビューへのモチベーションが高まります。

日々の練習用に、クラブケースも必要なので、こちらもテーラーメイドの青で。

右手用のグローブは、シューズに合わせてアディダスにしました。テーラーメイドはアディダスゴルフと同系列なので、期せずしてベタなブランド統一になりましたが、いいんです、気に入ったんです。

右打ちのときは、グループレッスンの体験レッスンを一回受講したのみで、そのときの印象があまり良くなかったこともって、入門書を見ながら自己流で取り組んだのですが、左打ちは、ちゃんと継続的にレッスンを受けて、基礎を固めようと思っています。

やっぱり、自腹で道具を揃えると、やる気が違いますね。頑張ります!

| | Comments (0) | TrackBack (0)